歴史・文化 ルンビニとお釈迦様の繋がり ルンビニの過去から現代を見ていきましょう

お釈迦様の足跡 footprint of Shaka

お釈迦様のご誕生から出家、入滅まで。 仏教の四大聖地のひとつルンビニでは、今もお息遣いが感じられるようです。

お釈迦様の足跡をたどっていきましょう。目次から地名をクリックしてください。

ルンビニ
ヒマラヤ山脈の麓、お釈迦さま生誕の地として仏教四大聖地のひとつです。ルンビニ周辺には、お釈迦様以前のブッダ(悟った人)の生誕の地としてアショーカ王が石碑を残しているところがあります。神々の住まう山、ヒマラヤ山脈。その麓から悟りを得た人たちが現れるのは偶然ではないのかもしれません。
カピラヴァスト
お釈迦さまが29歳で出家するまで過ごした場所で、城跡が発掘されています。現在でも水牛の闊歩するのどかな風景を前にすると、お釈迦様の面影を感じられます。出家後、父王に会いに帰ってきた際に滞在したといわれる僧院跡などが近隣に見つかっています。
デヴゥダハ
聖母マヤデヴィの故郷です。ここにもアショーカ王が巡礼した際に立てた石柱の一部が残っています。この地域には結婚の際に新郎が、新婦の実家へ迎えに行く習慣があり、お釈迦さまが王子様だった時に、お妃ヤショーダラーを迎えに訪れたと言われています。また、近くには、お釈迦様入滅後に8つに分けられた遺骨の1つが納められているといわれるラーマグラーマのストゥーパ跡があります。
ブッダガヤ
お釈迦様悟りの地です。菩提樹の下で瞑想に入ったお釈迦様は、悪魔の誘惑を退けて、輪廻から解脱しました。お釈迦様悟りの日は、月暦では、生誕の日と同じ日だとされています。中心の大菩提寺は2002年に世界遺産に登録されました。仏教聖地として、世界各国からの巡礼者が絶えることがありません。
サールナート
悟りを開いた後、その悟りの道について初めて説法をした場所です。仏教の始まりとして、初転法輪の地と言われます。ヒンズー教の聖地ヴァラナシに近く、その時代から多くの宗教者が集まっていました。アショーカ王の時代以降に造営され大規模僧院跡が発掘されており、インドの国章とされているアショーカ石柱尖塔の獅子のモチーフもここから出土しました。
ラージギル(ラージャグリハ)
仏教伝道を開始したお釈迦さまを熱心に保護したビンビサーラ王の治めたマガダ国の首都です。近郊には、お釈迦様が教えを説いた場所として有名な霊鷲山や、お釈迦様入滅後に弟子たちにより仏典編纂会議の開かれたといわれる洞窟があります。
シュラヴァスティー
平家物語の始まりにある「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・・」で有名な祇園精舎の跡があり、現在は遺跡公園として整備されています。祇園精舎は大商人スダッタがお釈迦さまに寄進するために、私財を投じて王族より譲りうけて立てた僧院で、お釈迦様は多くの雨季をここで過ごされたといわれています。
ヴァイシャーリー
商業都市として、仏教を篤く信仰したリッチャヴィ族の首都だったところです。お釈迦様の遺骨が納めてあったといわれるストゥーパ跡があります。ラージギルからカピラヴァストへ向かう道筋にあり、お釈迦様の僧団が雨期を過ごした場所でもあります。
クシナガラ
お釈迦様入滅の地です。お釈迦様涅槃の際には沙羅双樹の花が満開に咲きほこったといわれています。入滅後の遺骨(仏舎利)は、8つの部族に分けられ、その1つがラーマグラーマに納められているといわれています。